2006年11月05日

フジテレビが日テレつぶし?

フジテレビの高笑いが聞こえてきそうだ。

鳴り物入りで日本テレビがスタートさせた連続ドラマ「たったひとつの恋」が低迷しているからだ。

このドラマでは人気グループ「KAT―TUN」の亀梨和也(20)と注目の女優、綾瀬はるか(21)がダブル主演している。町工場で働く若者と宝石店を営む金持ちの令嬢のラブストーリーで前評判が高く、最低でも平均視聴率15%をクリアするといわれていた。

ところが、初回視聴率は12.8%、2回目10.4%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)と低空飛行が続いている。

「『たったひとつの恋』が苦戦しているのはフジが裏番組で『踊る大捜査線』のスピンオフものの特番を放送しているからです。初回にぶつけてきた『交渉人 真下正義』の視聴率は21.4%、2回目の『容疑者 室井慎次』は21.7%を叩きだした。3回目となる28日には前2作以上に強力なスペシャルドラマ『弁護士 灰島秀樹』を放送します。日テレの完敗は濃厚です」(テレビ業界関係者)

「日テレとKAT―TUNの蜜月関係にクサビを打ち込むのが狙いです。日テレはKAT―TUNを看板番組『24時間テレビ』に起用し、他の番組でもKAT―TUNを囲い込んで接近していました。フジは両者を引き裂きたいのです」(芸能リポーター)


この記事を見たウチは、やっぱり芸能界ってなんかこわいちゃうか。
ドロドロしていて恐い所やろかと思ってしまいます(^_^;)

売れなくても辛い芸能界やけど売れすぎるのも何ぞと問題があるんや…

人間関係だけじゃなくテレビ局もからんでくるとなると規模も大きすぎてもう手をつけれへんねやろね。

とはいえ別にこういった事ももちろん知らんとウチは亀梨和也くんと綾瀬はるかちゃんが競演してはる「たったひとつの恋」を見とった訳やった♪
posted by ああ at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26796014
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。