2007年09月16日

なんというかいろんなことがあったファイル共有ソフト

P2Pファイル共有ソフトBT: BitTorrent(ビットトレント)のおすすめクライアントソフト一覧。

μtorrent(マイクロトレント)、BitComet(ビットコメット)、Azureusなど。

なんと 現役の警察官が、ファイル共有ソフト自体を使用することに問題がある。

完全に著作権法に引っかかる。

が、落すだけでは罪ではない。

自分が持っている音楽ファイルを(著作物)誰かが落して時点で 配布したと言う事で罪に問われる。

しかも朝からバタバタして(●´Д`●)大変です。

が ちょっと前に広告の通信販売のところで買った商品が到着しました。

早く来ないかと首を長く待っていたのでものすごくうれしいです。

時折り自分にご褒美をあげてモチベーションアップにしていたりします。

P2Pといえば、おなじみファイル共有ソフトのBitTorrentなどで使われいる技術のことなのですが、このソフトの概要を簡単に述べると、インターネットを通してリアルタイムでアナログTV放送を見るといった感じでしょうか。

ライムワイヤーは知らなくてもいいことなのかもしれない。また そして、誰か一人が解除してファイル共有ソフトなどを使って流してしまえばそれが延々と流通し続けるため、「致命傷」ではないが完全ないたちごっこになることはもはや確実な情勢です。

posted by ああ at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。